Diamond Sparrow(ダイヤモンドフィンチ)/大錦花鳥(オオキンカチョウ)/Emblema guttata
  カエデチョウ科コマチスズメ属/原産国:オーストラリア南部、南東部。明るい草原の藪や、ユーカリ樹の周辺に生息。
 体長:13cm:オスは大きく目元の赤が強い。繁殖期は嘴が黒ずむ。



特徴
フィンチとしては大きめでずんぐり丸っこい。頭部は喉と頬を除き灰色。上部からわき腹にかけて黒い横帯が入り、両のの脇腹に大きめな白い斑点が散らばる。この模様をダイヤの輝きにたとえ『ダイヤモンドフィンチ』と呼ばれる。腰と上尾筒は赤。目先に黒い帯がある。近年ではレッドテールの他にイエローテール、オレンジテールなど色変わりも増え、黒地ベースのノーマルの他にシルバーやシナモンなどもメジャーになってきている。

  member.   Gan&Ai

 この子たちは今年(2015年4月)に我が家に来たばかりです。横浜の某ペットショップにいてあまりの美しさに飼い主も目を奪われたのですが、驚くことに私の鳥飼に呆れ顔だった相方が珍しく反応した鳥さんでした…もちろん、その場ではまさかお迎えすることになるとは思っていなかったのですが帰宅して2〜3日経過してもやはりあの子達のことが気になり、相方からも連れて来ればよかったかな‥の声が出ましたので翌日速攻でお迎えにあがりました。
ベルギー生まれの昨年の秋の子達だそうです。この春はいきなり出し巣引きは無理かな?とも思いましたが、ひっきりなしに面白い声で男の子が求愛しているので慌ててツボ巣と虫入りのエッグフードを与えました…その結果は…育雛日記に記録していますのでお時間ありましたらご覧ください。

オオキンカチョウという和名を持っているのでキンカと何か関係があるのかと思いましたが特に同じ種だということでもないようです。ただ、本当に飼育情報が少なすぎる鳥ですので、今後の課題です。

種類ダイヤモンドフィンチ/ノーマル&シナモン系
名前ガンちゃん&アイちゃん
性別♂・♀
年齢約7ヶ月(2015年5月27日現在)
好物ミルワーム入りエッグフード
 
手前のシナモンの子がお嫁さんのアイちゃんです。このお母さん、子育てに関してはなかなかの困りものですが…まあ、まだ来て間もない上に1歳にも満たない子にちょっと先走り飼い主で反省です。

‥だって、なんだかすごく環境早く整えてくれ!って催促されてる感じだったんだもの‥特にガンさんに…。言い訳ですが。

初めての出産事情は見事にネグレクト夫妻でしたが、孵化させるまではしてくれるので、なんとか自雛してくれるペアに
なってくれるといいなって思いながら見守っていきます。餌は他のフィンチと大差はないようです。
ガンちゃんとアイちゃん、こんな飼い主のメンバーに加わってくれて1ヶ月も経たないうちに
可愛い子孫を授けてくれました。まだ1羽だし、孵化後ず〜っと飼い主がヨレヨレになりながらなんとか大きくなってくれたけどね…でもね、ありがとうね。大切に大切に育てるからね。

この子がお婿さんのガンちゃんです。陽気で気が強く、人間界だったらなんだかモテるんだろうな‥的な
強さを感じる子です。一生懸命に巣材を咥えながら男唄を歌っていました。
ただ、なんとなくガサツというか雑というか…気が短いというか…ちょっとアイちゃんおつかれ気味ですので、現在の巣引きが終わったら夏の間は離れ離れになっていただくかもしれません。
もちろん様子を見ながらですが。
 
このご夫婦の名前はこの二人からいただきました。
なんかアイマスクがね‥そんな感じがしましてね。ちなみに泣き声がうぃんうぃんっていうエンジンみたいなへんな声なんです。今までどの鳥からも聞いたことのない独特な旋律で‥新鮮でした。


  member.     Dai

この子はガンちゃんとアイちゃんのお子、第1号です。本当は3羽孵っていたのですが他の2羽と共に孵化したのはよかったものの育児放棄されてしまい…二日日間何も食べさせてもらえず放置されていたのです。他の2羽は蘇生を試みましたが時すでに遅くかわいそうな事をしてしまいました。この子も育つかわかりませんでしたがなんとか生後3日あたりから人口育雛を実践しここまで育ってくれました。育雛の様子は育雛日記に掲載しておきます。飼い主も初めての事で手探り状態でしたので参考になるかは微妙なところですが
ご興味のある方は見ていただけますと幸いです。


ダイちゃんは2015年の5月5日に巣から落ちているのを発見し、飼い主が新生児の状態からさし餌して
育てたのですが、ここまで生後1ヶ月ほどでクチバシも現在は赤くなりつつあります。
その画像はまだ用意できていないのですが後日、またスライドUpしたいと思います。
手はかかりましたがこんな弱輩者の飼い主でも育ってくれたのでこの種の鳥は生命力が強いのではないかと思います。現在、朝、晩2回放鳥していますが飛翔力も素晴らしく飛行が美しいです。
鳴き声もパパ、ママと似てきたように感じます。ここまで育てば一安心な気がしますが、引き続き大切に共存していきたいと思います。胸の黒模様が若干薄い気がするので女の子かな?っなんて思いますがまだまだ解りませんね。気は少し強い方だと思います。自立してからもそばに居ますがあまりしつこくすると嫌われそうです。しかし、ダイヤの手乗りは本当に可愛いです。


 
 

種類ダイヤモンドフィンチ/ノーマル?
名前ダイちゃん
性別不明
年齢約生後22日目(2015年5月27日現在)
好物粟穂




     member.     Hikaru
 

種類ダイヤモンドフィンチ/ノーマル?
名前ヒカル
性別不明
年齢生後約42日目(2015年7月14日現在)
好物まだ不明
  
ヒカルは2015年6月3日にやはり育児放棄された2羽の雛のうちの1羽です。またしても飼い主の至らなさゆえ1羽落としてしまい本当に落胆したのですが気を取り直してこの子はなんとか育てました。2羽目のダイヤ雛です。この子の育雛の様子も後日、育雛日記に記載できればと思うのですがなかなかそちらにまで手が回らずもう少し先になりそうですが、今後のためにも記録は残しておきたいなと思っております。

ダイちゃんとおそらく同じようなカラーだと思うのですがまだ若鳥なので本当の色味はわかりませんがこの感じだとパパと同じ黒い子になるのかな?ママがフォーンぽいので中途半端に混ざってぼんやりしたダイヤになりそうな気もしますがこの鳥種の遺伝子云々もよくわかっていないので、どんな色になるのかいまひとつわかりません。…まあ、元気に健康に育ってくれればそれでいんですけどね。ダイちゃんと区別がつかなくなりそうなんでちょっと抵抗ありましたが足環をつけました。赤い足環はヒカルの印です。
名付け親は旦那さんです。足環も彼が着けてくれました。


     member.     Silver

種類ダイヤモンドフィンチ/シルバー
名前シルバーくん
性別
年齢約1歳(2015年9月22日 現在)
好物皮付きシード全般・小松菜
 
ダイちゃんとヒカルを育てるにあたり、この子たちの子孫も残したいという欲求が生まれ、
異血を入れて子孫を…という思惑も湧いてきた矢先、某大阪のブリーダー様のところに
シルバーダイアの男の子を譲ってくださるという情報から、ヒカルが女の子と見越して迎えることに
しました。生後1年の彼は今年生まれのヒカルちゃんとぴったりだと思っていました…
そう、ヒカルが女の子だったらの話ですが…。
ところがシルバーくん、到着後、しばらく経過するうちにヒカルの仕草に男の子の行為が発覚し、
ダイちゃんもヒカルも男の子だという事実が判明してしまいました。
とんだ誤算で、我が家のダイヤは親のガンちゃん入れて4羽という男所帯になってしまったという
ていたらく!…軽くショックでしたが、シルバーくんにはガンちゃん&アイちゃんから
姫が生まれてくることを祈っていただきつつ、彼なりに幸せな生涯を送ってもらえるように
お世話していきます。
シルバーくんは美しく、気性も温和なので姫が生まれた暁には優しいお婿さんに
なってもらいたいな、と
切に願います。
 
 
 白銀に輝く差し色に鋭い真紅。シルバーくんは美しいです。
もちろん、基本色もシナモン(ファロー)も好きですがシルバーダイヤもやはり
居てくれると嬉しいですね。イエローテールやオレンジテールも気になります。
ダイヤモンドフィンチは本当に個々にそれぞれ美しく、見とれてしまいます。
そして、独特の鳴き声や、物怖じしない陽気な性格など、とても飼いやすい鳥なので
もっと普及して欲しいのに、そうはいかない理由としてやはり繁殖の難しさにあるのでしょうか。
自育雛してくれるダイヤが増えていくといいなあって心底思います。
 
    member.     Monkichi
 

種類ダイヤモンドフィンチ/シナモン
名前紋吉
性別不明(女の子?)
年齢約1ヶ月(2016年3月14日 現在)
好物豆苗
 
ネット上でみつけて、雛の状態で迎えました。大阪の某老舗さんです。
ダイヤモンドフィンチはもうひとペアは迎えたいと思っていましたし
ダイとヒカル以外のダイヤ雛もどんな感じなのか興味がありました。
また、シナモンということと、運が良ければ女の子かも…という思惑もあり
迎えました。寒空の下の『送り』に少々の不安はありましたが
老舗さんのご好意の元、暖を取り合う仲間として十姉妹の雛ちゃんと一緒に
無事に到着したのが紋吉です。
性別先見の目が崩壊している飼主なので、女の子希望ではありましたが
敢えて男の子の名前です。意に反して…という屈折した願掛けですが(^^;)
もちろん男の子でもかまいません。男の子だと丈夫で扱いが精神的には楽なんですよね。
人間側の勝手な都合なのですが…。
十姉妹の紋次くんと一緒に居たので、いまでも2羽は一緒のケージで暮らし
一緒に放鳥しています。せっかく来てくれたので、どうか楽しく過ごしてもらいたい。

ダイヤのこの一番愛らしい時期は期間限定なので貴重ですね。
数ヶ月でワルなお顔になりますからね(笑)この子はシナモンなので
ずっと柔らかい印象かもしれませんが。
他の種の雛ももちろん可愛いのですがぷっくりまん丸なこの頃の雛ちゃん
本当に可愛いです。約1年前、ダイちゃんとヒカルの雛時代を思い出します。

しかし、この子はちょっと小ぶりな気がします。
よく食べますし活発ですし、元気は元気ですが、なんとなくおっちょこちょいで
青菜の入った水入り洗面器にダイブして溺れたり、気の強いカナリアに足蹴にされて
落っこちたりと、なんどかヒヤッとする場面に遭遇しています。
また、一度飛べるようになってから十姉妹くんと離れ離れにした時期があったのですが
あからさまに気落ちしている様子が…。過保護な飼主は結局再度、同居させてしまっています。

ところで、雛時期はまとわりつきあんなに手の中に入ってきたモンちゃん、
いまではすっかり寄り付きません(^^;)
やはり生まれてすぐにいろんな鳥仲間に会っていますからね、
人間はゴハンくれるだけの存在なのかもですね。
少し寂しいですが、元気でいてくれさえすればそれでいいのです。
これから、よろしくね。

    member.     Hokuto&Mashiro
 
2016年の3月に新しく家族になってくれたペアです。
関西の聡明で誠実な愛鳥家さんからご好意でお譲りいただきました。
オレンジテールの男の子とシルバーの女の子です。
共に1歳半なので我が家のガンちゃん&アイちゃんと同じくらいだと思います。
お迎えしてすぐに大切に飼育されていた子達だとわかりました。
とにかく体格や羽質が良く、手乗りではないとのことですが適度に人馴れしている子達です。
まだ、他の鳥と同時放鳥はしていませんが、折を見て徐々に環境に慣れていただき
望んでくれるようでしたら、放鳥してあげたいと検討しています。
お名前はホクトくんとマシロちゃん。
素敵な名付け理由もおありとのことで、当然、そのまま引き継がせていただきます。
大切な方から託していただいた大切に愛されてきた2羽の命です、
未熟なこの飼主に託してくださったことに感謝をこめて
他の鳥達同様、大事に大事にお世話させていただきたいと思います。ありがとうございます。
種類ダイヤモンドフィンチ/オレンジテール
名前ホクト
性別
年齢1歳6ヶ月(2016年3月19日現在)
特徴体は大きいが繊細で優しい(いつもマシロを気遣う)
   ホクトくんです。体が大きくしなやかな羽質です。また、オレンジ色の嘴と腰羽が鮮やかで
とても精悍な印象を受けます。オレンジテールの子の実物を見るのは初めて
とても美しく見とれてしまいます。
まだ、環境に慣れきっていないのかもしれませんが、我が家のノーマル♂達に比べて
かなりおとなしいというか、落ち着いています。でも、男鳴きは早くも始めてくれています。
マシロちゃん大好きで、いつも気にかけている様子です。
だから、現在も一緒に暮らしています。
初放鳥は2羽だけで済ませました。もっとビクビクされちゃうかな?と心配していましたが、
そこはさすが、ダイヤさん。パニックでむやみに飛びまくるでもなく、しばらくの間は2羽で定位置に
とどまり、静かに周りを観察するようにあたりを見渡していましたが、数10分後には水浴びを始めたり
交互に飛んでは少し離れたソファーに座った飼主の元に顔を見にくるような行動が見られました。
何を確認していたのでしょうね、元の飼主様と違うから、探していたのかも…とふと思いました。
寂しいのかもしれません、鳥は飼主の顔をしっかり識別できると思っているので
やはり、『この人誰や?』的な無言のクエスチョンを感じてしまいます。
ごめんね、幸せにするからなんとか馴染んでくださいね。

種類ダイヤモンドフィンチ/シルバー
名前マシロ
性別
年齢1歳6ヶ月(2016年3月19日現在)
特徴デリケートで神経質だが気は強い(胸の羽をくわえる癖があり)
  マシロちゃんです。元の飼主様のお話では卵を産んだことがあるそうです。
女の子なので、体調管理に気を配り、しっかり管理していかなくてはと思います。
こんなに綺麗なお姫様がきてくれたものですから、先住のシルバーくんの様子が変です。
彼氏付きなので気が気じゃないようで男鳴きにも拍車がかかっています。煩いくらいです
でも、この子はホクトくんのお嫁さんですから、シルバーくんにはモンちゃんが女子であることを
祈ってもらいたいと思います。しかし、オスのシルバーくんに劣らず美しい羽色です。
羽色だけでは性別判断がむずかしいと改めて思いました。
若干、シルバーくんよりも小ぶりなので、ダイヤの女の子は体の大きさで判断するのが
一番現実的なのかもしれませんね…しかし、生まれてすぐには判らないしなあ…。
判別、もう少しわかりやすいといいんですけどね。
引き抜いたりはしないのですが胸の羽をくわえる癖があるようで、可愛らしくて癒されます。
しかし、放鳥どきにしかしないので、もしやなんらかのストレスを感じてしまっているのかも…と
少し心配したりしています。遠征させた上、いきなり大騒ぎな環境ですので
そりゃ、びっくりしたんではないかと…ホクトくんがいつもそばにいるので、
安心している部分はあるのかもしれませんが、やはり女の子なのできちんと健康管理をしていきます。
好きなもの、なんでもあげるから←(おっさんみたいですが)どうか長く一緒にいてくださいね。


  Diamond-Finch's  GALLERY

                                 『ワシの血が濃ゆいのか??』
                              Gun&Aiのスライド
Gan&Ai
 
 
 
Daiのスライド
No.1 Dai
  No.2Dai-2
   
Hikaruのスライド
Hikaru suraido1 
 
 
silverくんgallery

Monkichi+Monjiのgallery
        Monkichiのgallery
 
Hokuto&Mashiroのgallery
 
 
全員集合

ブログ掲載

  

Diamond-finch TOP