鳥の画像を探していたら偶然にみつけたほんです。レビューを見て色々な方が色彩の美しさ、綿密な花鳥風月の妙を絶賛されていたので興味が湧いて購入しました。確かにものすごく迫力のある描写ですね…実物を観てみたいなと思いました。鶏が猛々しく、実はかっこいー鳥なんだということが解りました。          
 

ヒグチユウコ ポストカード
 
ヒグチユウコさんのポストカードです。主に猫さんが多いですが文鳥やたまにハシビロコウなんかの絵もありますね。リアルなタッチの画風が好きで額に入れて月替りで飾らせていただいてます。


 

 
 宇野亜吉良 ポストカード
 
宇野亜喜良さんは小学生の頃の図書館で何かの童話の表紙と挿絵で知りました。馬や女の子のモチーフが多いですが上のようにたま〜に鳥さんモチーフの絵もあります。退廃的なようなそれでいて生命感あふれる感じもあり不思議な絵が多いですよね。繊細なタッチと裏腹に大胆でレトロお洒落イラストが大好きです。
 
 

ガーデンカラーリングブック

塗り絵に興味があったわけじゃないんですがあまりにも可愛いので着手してしまいました。セキセイの他にもオカメやコマドリ、ペンギンや鶴までいました。
美しいGardenと可愛らしい小動物満載です。
自分で描ける才能がないのでせめて自分好みに塗りあげたいのですが
…塗り絵もなかなかの奥深さなのですよね。

ゆっくり時間をかけて仕上げたいのでまだ手つかずです。
手を動かすのも色合いを考えるのも脳にはいいらしいですね。
老後の楽しみにとっておこうかな(笑)
 

 

TOMBO色鉛筆

 
IROJITEN
 
 色鉛筆ってすごくたくさん種類があったんですね。
いざ、選ぼうとするととても悩みました。
三菱鉛筆や海外のもの、おなじみのサクラクーピーとか…
色もなんだか違いがよくわからなかったり…
でも一本ずつプロ仕様のものを買いそろえる程の大げささは必要とせず
…なんせ優しい色合いのものが欲しいのですが

スタンダードなセットが多くてきっと使わない色が
でてきちゃうだろうな〜って悩んでいたら
トンボさんから発売されている
IROJITEN色辞典を見つけたのです。
自然界に存在する微妙な色合いも表現しやすいとのこと。
確かに他の色鉛筆メーカさんのものよりも
パステル系のバリエーションも豊富なような気が。
眺めているだけで幸せになってしまいます。
…まだ実際には使っていないんですけどね。
上の塗り絵を始めるときの楽しみにとっておきます。







 
 
 
牧野千穂さん

牧野千穂さんの絵画は東京国フォーォーラムのギャラリーショップでみつけました。本当は原画欲しかったのですが…… 本来ポストカードは常時販売はされておらず牧野先生の行きつけのレストランに展示があるとのことで問い合わせしまして譲っていただきました。柔らかい色と優しい動物たちの絵、構図がとてもファンタジーな世界観で癒されます。ペンギンやシロクマなどの絵もとても可愛いのです。

牧野千穂さんは
『うきわねこ』
『ゆきがふる』
なども有名ですね。








 
 
 

このオカメインコを書いてくれた人のラフ画です。鳥さんを擬人化させているので脚の部分が妙に気持ち悪くてしかしsexyだったりで気に入っています。
今後も擬人化鳥さんたちをアイコンにしてもらってこのHPで随時使わせていただく予定です。