マメルリハ
 
     英名:Pacific parrotlet/学名:Forpus coelestis/原産地:エクアドル西部、ペルー北西部の太平洋沿岸

       オウム目 インコ科  ルリハインコ属
 
 
 

マメ子は男の子だった…マメ吉に改名かな

Live-Birdさん(@iori0720)が投稿した動画 - 2016 1月 24 12:30午前 PST


 
 
 特徴
南米アンデスの大平洋沿岸を沿って、ペルーから西部エクアドルの熱帯森林地帯、乾燥地帯の落葉性森林など広い範囲に生息。乾燥した草の種子やサボテンの実、果物を食す。餌や水を求めて朝夕に鳴き交わす習性はあるが暑い日の日中などは低木や藪の枝で静かにしている。1羽界の場合は比較的おとなしいが多頭飼いの場合は騒がしくなる。
しかし騒がしいとしてもコザクラ、ボタンのようなラブバード系の喧しさほどではない。性格は比較的攻撃的で番以外の鳥以外とは基本的に喧嘩はする。クチバシは小さい割には噛む力が強いので噛まれると結構痛い。しかし、野生では木のうろやサボテンに空いている穴を利用して営巣する場合が多く、ラブバードのように自作はしないので執拗に物をかじったり破壊したりという行為は控えめと言える。
社交性が高いので雛の時から1羽で飼育すれば人にもよく慣れる。体の割に運動量が多い鳥なので餌はひまわりの種、麻の実などカロリーの高いものも必要。
寒さ暑さ、湿度、乾燥などにも他の鳥と比べて強い傾向があり一冬越せば環境に順応し健康に過ごせる。

 寿命:20年     全長:12.5cm     食性:種子食
 雄雌の区別:雄は目尻から後頭部にかけてボディカラーと異なる差し色があり雌にはない。雄は風切り羽、翼の裏側、および腰が濃い色になるが雌は全身同型の色をしている。

  Member.   Mameko
 
                                                                                   
  
種類         マメルリハ グリーンパイド
名前             マメコ
性別
            (多分)♀⇨♂だった(~ ~;)
年齢         約7ヶ月(2015年3月現在)
好物            麻の実・豆苗
 

マメコは昨年の8月中旬に我が家のメンバー入りしました。東京の某、ブリーダーさんから譲っていただいた子です。春先に一番飼主と距離の近かったコザクラの姫子を亡くし喪に伏せておりましたが寂しさからもう一度コザクラを‥とも望んでもいたのですけれど、やはりあの子の替わりはおりませんし姫子にうしろめたい気持ちもしておりましたので、違う種を連れてきました。

インコ種の雛は4年ぶりでしたので少し不安でした。インコの雛はフィンチよりも差餌が難しいイメージを抱いているのですがそれは今現在も変わりません。
ただ、この子を譲ってくださったブリーダーさんは独特のポリシーを持っていらっしゃる方で差餌の回数は基本的に朝、晩2回で多くても3回でいいとのことでした。
回数が多すぎるから少食の子やそのう炎になる子が多いのだとのことでした。
他のショップさんならまだ1日3〜4回くらいは…と言われる週齢だったと思うのですが、
なるほど、マメコはご飯の時間ごとにお腹が空いているので1回の食べる量がやたらすごい子でした。
朝もお腹が空いているらしく餌をねだる声が力強かったですし食べる量もそのうがパンパンで破裂するんじゃないかと思うほどで少し心配になるくらいでした。

しかし、お腹いっぱいなので昼は欲しがらず夕方6時に腹時計がやっとなるらしくまた餌をねだり
尋常じゃないほど食べてそのあとは朝までご就寝でした。
病気もなく健康に今も元気にしています。差餌の常識が覆されるようなご縁でした。
賛否両論はあるにせよ、マメコの場合はこの育て方で正解だったと今は思っています。

ずっと気にはなっていたもののマメルリハは今回が初めてでコザクラやボタンとそんなに変わらないだろうと思っていました。確かに懐っこいですし物怖じせずガンガン人に向かっていく感じはコザクラのそれと
似てはいるのですがどこかドライというかコザクラよりもサラッとした懐き方というか…
落ち着きがある感じです。サザナミインコに近いんじゃないかな…と個人的には思っています。
サザナミをもっととびきりラテン系にした感じ…それが私の持ったマメルリハのイメージです。
なんか、マメコ、やんちゃですがドライです。あっさりしてます。
でも、放鳥するとどこへでも好き勝手に飛んでいくことはなくずっとそばに居ます。
そして噛み付いてきます。子犬がじゃれるように。可愛い。
そして痛いです‥‥。

まだまだ、1歳にもならない若いマメコです。
マメルリハは平均20年の寿命を持っています。そんなところもオウムと似ているのでしょうか。
…そう考えるとこの先我が家の鳥さんの中で一番長い付き合いになる子かもしれません。
できる限りの愛情と努力でたくさんの季節を共有できるよう生涯お世話していきます。
 
  Mameko  GALLERY


新しいおもちゃ、新しいとまり木、新しいご飯、新しい人などなど、
他の鳥さんたちは物怖じしたり逃げたり威嚇したり…が日常ですが
マメコは自分から向かっていくタイプです。
社交性があるというより他の種の鳥さんよりも好奇心がすごいんだと思う。
 
 Mamekoのgalleryです
 


mameruriha Top